宅建業法NO4【間違いを探せ問題】

フルセット教材(宅建士試験)

今から、宅建士試験の宅建業法【重要事項の説明(35条書面)・37条書面】で暗記して頂きたい条文や判例等を掲載します。

ただ、その中には、あえて、間違っている文章を掲載しています。

じっくり読み、間違った文章を探してください。

35条書面【宅建業法】

間違った文章を探し出してください。なお、正しい文章については、正確に暗記してください。

  1. 宅地が急傾斜地崩壊危険区域内にある場合、制限の概要(立木竹の伐採には都道府県知事の許可を受けなければならないこと等)は、重要事項の説明内容となる。
  2. 宅地や建物の上に存する登記された権利の種類、内容、登記名義人、登記記録の表題部に記録された所有者の氏名(法人である場合には、名称)は、重要事項の説明内容となる。
  3. 建物の貸借の場合、私道に関する負担に関する事項を説明する必要がある。
  4. 金融商品取引法に規定されている特定投資家又は特定投資家とみなされる者が、信託の受益権の売買の相手方となる場合、説明を省略することができる。

37条書面【宅建業法】

間違った文章を探し出してください。なお、正しい文章については、正確に暗記してください。

  1. 存続期間終了時における建物の取壊しに関する事項の内容は、37条書面に記載する必要はない。
  2. 宅地建物取引士でない従業員は、37条書面を交付することができない。
  3. 37条書面について説明をする必要はない。
  4. 37条書面は、契約書で代用することができる。

フルセット教材購入者の方は、以下の解答ページをご覧ください。

≫≫解答ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルセット教材(宅建士試験)

勉強の流れ

 

STEP1:理解して暗記

テキストではなく、覚えるべき論点をまとめた復習まとめ集を覚えます。

単に暗記するだけでは、知識が定着せず、また、民法など一定の問題には対応することができず、理解が必要となります。

そこで、テキスト、ポイント解説、動画解説を使って、復習まとめ集に掲載している論点を理解して頂きます。

なお、注意すべき事項として言いましたが、テキスト、ポイント解説以上の深入りは禁物です。

STEP2:理解して解く

復習まとめ集に掲載している論点を暗記しているのかどうか?理解しているのかどうか?を確かめる必要があり、また、知識をより一層深めるためにも問題を解く必要があります。

そこで、一問一答問題集と四肢択一問題集を使ってください。

使う順番としては、「一問一答問題集→四肢択一問題集」となります。

問題を解き終われば、問題集上の解説だけでなく、必ず、ポイント解説と動画解説も忘れることなく使ってください。

これでもなお理解できない問題が出てきたときには、テキストやポイント解説などに戻ってください。これでもなお理解できないのであれば、質問をご利用ください

STEP3:復習を毎日継続

知識が定着していない間は、覚えては忘れる

これを繰り返すことになり、勉強が嫌になる理由の一つですが、合格する方は、必ず、これを乗り越えてきます。

ですので、皆さんも、知識が定着するまでは、毎日、復習を継続してください

復習まとめ集を使って復習をしてください。そして、2・3日に一度は、問題も解きなおしてください

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ