【宅建士試験対策用】心裡留保~民法徹底解説

「民法の問題が難しい?」「民法を理解できない?」といった質問をよくお受けしています。

教材購入者の皆様からの要望をお受けし、宅建士試験で出題される可能性のある民法の条文等(このページでは、心裡留保)を出来る限り簡単に説明します。

宅建士試験の問題の中で一番難しいのは、民法の問題ですので、逆に、民法の問題で高得点を取ることができれば、合格に直結します。

民法の問題が苦手と思っている教材購入者の方は、是非、お読みください。

7/31まで早割価格!

2018年度版直前答練

販売価格3,500円

~7月31日までの早割価格です~

≫詳細はこちらのページで

 宅建士合格広場教材

心裡留保~民法条文

~民法93条~

意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

民法(心裡留保)解説

例えば、Aさんは、車を売る気もないのに(真意)、Bさんに車を売ってあげるよ!と約束をした(表示)。

このように、表意者(意思表示をする人=Aさん)が自身の真意と表示の食い違いを分かりながら、単独で行う意思表示のことを心裡留保といいます。

もっと簡単に言いますと、冗談を言うことが心裡留保です。

具体的に、簡単に解説しますので、以下の手順でお読みください。

Aさんは土地を所有しています。

Aさんは、その土地を売る気がありません。

しかし、Aさんは、Bさんに対して、「500万円で売却するよ!」という意思表示を行いました。

売却する気もないのに、売却するよ!と適当なことを言ったAさんを保護する必要はなく、相手方であるBさんを保護する必要がありますので、Aさんの意思表示は、有効となります。

ここまでで、上記条文の「意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。」という部分を解説しました。

例えば、Bさんが、「Aさんが売却する気もないのに、売却するよ!」という意思表示を行ったことを知っていた、つまり、Bさんが悪意だったとします。

Bさんが悪意の場合には、Bさんを保護する必要がありませんので、Aさんの意思表示は、無効となります。

例えば、Bさんが、「Aさんが売却する気もないのに、売却するよ!」という意思表示を行ったことを知らなかったが、知ることができた、つまり、Bさんが善意有過失だったとします。

Bさんが悪意ではないが、過失がある場合にも、Bさんを保護する必要がありませんので、Aさんの意思表示は、無効となります。

~参考1~

次は、少しだけ難しい言葉を使ってまとめます。

表意者は、表示に対応する内心的効果意思がない、つまり、意思の不存在(心裡留保・錯誤・虚偽表示)として、本来、表意者の意思表示は無効です。

しかし、相手方を保護する必要があるため、原則、有効としました。

しかし、相手方が悪意・有過失であるときには、相手方を保護する必要がないため、本来に戻り、表意者の意思表示は無効となります。
なお、無効になって得するのは、表意者ですので、表意者が、相手方の悪意・有過失について、立証責任があります。

~参考2~

上記の規定は、以下のように、改正されます。しかし、改正民法は、民法条文規定問題(民法の規定はどれですか?)以外では、2018年宅建士試験では出題されません。

改正民法93条において、「意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。」と規定されます。

ただし書き以降の、「相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたとき」
→「相手方がその意思表示が表意者の真意はないことを知り、又は知ることができたとき」に変更されます。

簡単に言いますと、表意者の真意、例えば、「〇〇だから冗談を言った。」の〇〇(真意)まで知っていなくても、冗談を言ったことを知っていたり、又は知ることができたときは、相手方を保護する必要がありませんので、無効となります。

なお、93条2項が、新設されます。

改正民法93条2項において、「前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。」と規定されます。

皆さんは、「心裡留保による無効は、善意の第三者に対抗できない。」という判例は、知っていますよね。この判例が明文化されます。

問題にチャレンジ

【問題】

次の記述は、民法の規定によれば、正しいですか?それとも、誤っていますか?

Aは自己所有の甲土地を「1,000万円で売却する」という意思表示を行ったが当該意思表示はAの真意ではなく、Bもその旨を知っていた。この場合、Bが「1,000万円で購入する」という意思表示をすれば、AB間の売買契約は有効に成立する。

【解答・解説】

この問題は、宅建士試験の過去問題です。

問題文を読みますと、Aは、「1,000万円で売却する」という意思表示を行ったんですよね、しかし、この表示は、表意者であるAの真意ではないのです。つまり、心裡留保ですよね。

心裡留保は、原則、有効です。

しかし、表意者の真意について、相手方Bが悪意であったり、過失があったりすれば、無効となります。

問題文を読みますと、Bもその旨を知っていた、つまり、相手方Bが悪意ですから、無効となります。

よって、本問は、誤った記述です

≫≫≫民法解説目次ページに戻る

【教材購入者の方へ】

民法の問題を難しく思っている受験生の方は、非常に多いです。

宅建士合格広場の教材で勉強している皆さんにとっては、他の受験生よりも差をつけることができる科目です。

皆さんは、お持ちの教材やポイント解説ページなど、専用ページにて紹介している勉強の流れに従って勉強して頂ければ、他の教材で勉強している方よりも有利な状態で本試験に挑むことができ、その結果、宅建士試験に合格することができます。

ですので、専用ページにて紹介している勉強の流れに従って勉強してくださいね。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材