土地区画整理法一問一答

2018年宅建士試験の合格点→→37点

2018年宅建士試験の合格率→→15.6%

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

土地区画整理法【問題と解説】

次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。なお、地方自治法の指定都市等については考慮しません。

問題1 土地区画整理組合の解散

土地区画整理組合は、総会の議決により解散しようとする場合において、その解散について、認可権者の認可を受けなければならない。

【解答・解説】 

土地区画整理組合は、総会の議決により解散しようとする場合において、その解散について、認可権者(都道府県知事)の認可を受けなければなりません。

が正解になります。

問題2 土地区画整理組合の組合員

土地区画整理組合が成立した場合において、施行地区内の宅地について所有権又は借地権を有する者はすべて組合員となるが、施行地区内の借家人は組合員とはならない。

【解答・解説】 

施行地区内の宅地について所有権又は借地権を有する者はすべて組合員となりますが、施行地区内の借家人は組合員となりません。

が正解になります。

問題3 施行区域外の土地区画整理事業

土地区画整理組合は、土地区画整理事業について都市計画に定められた施行区域外において、土地区画整理事業を施行することはできない。

【解答・解説】 

個人、土地区画整理組合、区画整理会社が土地区画整理事業の施行者の場合は、都市計画に定められた施行区域外でも、土地区画整理事業を施行することができます。

×が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ