農地法一問一答

本試験お疲れ様でした。

当サイトでは、予想合格基準点掲載のため、以下のページにて、皆さんの自己採点の結果を集計しております。

ご協力の程、よろしくお願い致します。

≫≫2019年解答速報ページ

宅建士合格広場から販売しております【一問一答式問題集:法令上の制限NO1:農地法】から出題しております。一部分だけですので、続きは、一問一答式問題集をご利用ください。

農地法【問題と解説】

次の記述のうち、農地法の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 市街化区域内の特例

市街化区域内の農地を耕作のために借り入れる場合、あらかじめ農業委員会に届出をすれば、農地法第3条第1項の許可を受ける必要はない。

【解答・解説】

農地を耕作のために借り入れる場合、農地法3条1項の許可を受ける必要がある。なお、市街化区域内の特例(=農業委員会に届け出れば、許可が不要となる特例)は、農地法4条・5条について適用されるが、農地法3条については適用されない。

×が正解になります。

問題2 相続等

相続により農地を取得する場合は、農地法第3条第1項の許可を要しないが、相続人に該当しない者に対する特定遺贈により農地を取得する場合も、同項の許可を受ける必要はない。

【解答・解説】

相続により農地を取得する場合は、農地法3条1項の許可を受ける必要はない。しかし、相続人に該当しない者に対する特定遺贈により農地を取得する場合には、同項の許可を受ける必要がある。なお、相続人に対する特定遺贈により農地を取得する場合には、同項の許可を受ける必要はない。

×が正解になります。

≫一問一答式問題集の販売詳細ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ