期限・条件テキスト

令和2年宅建士試験独学合格

条件

条件には、停止条件と解除条件があります。

【補足】

  1. 停止条件とは、条件が成就することにより、法律行為の効力が発生することです。例えば、結婚したら(=条件の成就)、家をあげる(=効力の発生)。
  2. 解除条件とは、条件が成就することにより、現に効力を有しているものが消滅するということです。例えば、結婚して家をもらった人が、離婚したら(=条件の成就)、その家を返す(=効力の消滅)ということです。

条件成就の場合の効果

停止条件付法律行為は、停止条件が成就した時からその効力を生じることになります。

【例題】

AはB所有の建物を取得できた場合、Aの自己所有の建物をCに売却する契約を締結した。この場合、Cは、いつ、A所有の建物を取得することができるのか。

【解答】

AがB所有の建物を取得した時(=停止条件が成就した時)に、Cが、A所有の建物を取得することができます(=効力の発生)。

条件付法律行為の保護

  • 条件付法律行為の各当事者は、条件の成否が未定である間に、その条件が成就した場合にその法律行為から生ずべき相手方の利益を害することができません

【補足】

  1. 条件の成否が未定であるとは、条件がまだ成就していないことです。例えば、結婚したら家を贈与するという契約を締結したが、まだ、結婚をしていないということです。
  2. 条件が成就した場合にその法律行為から生ずべき相手方の利益とは、上の例で言うと、「結婚したら家をもらえるという」部分にあたります。
  3. 上記の規定では、条件付法律行為の各当事者と記載されていますが、当事者以外の第三者であっても、利益を害することができません。

【例題】

Bが結婚したら、Aは、自己所有の建物をBに売却する契約を締結した。しかし、Bがまだ結婚していなかったので、Aは、Bに内緒でその建物をCに売却した場合、Bは、何も言うことはできないのか。

【解答】

停止条件が付されている売買契約を締結した時点から、Bは、結婚したら建物を取得できるとすごく期待しています(=Bは、期待権を有します)。

民法上、Aは、Bの期待を裏切ってはいけないとしています(=期待権を侵害してはいけないということです)。これが、上記の規定に該当することになります。

そして、Bは、Bの期待を裏切った(=期待権を侵害した)Aに対して、不法行為等による損害賠償の請求をすることができます。

  • 条件の成否が未定である間における当事者の権利義務は、譲渡や相続等をすることができます

【補足】

条件が、まだ成就されていなくても、条件付権利義務を譲渡したり条件付権利義務が相続の対象となります。

【例題1】

Aが転勤したら、Bは、Aから家をもらえるとする契約を締結していた。ところが、Aが転勤する前に、Bが死亡した場合、Bの相続人Cは、その家をもらえる権利を相続できるか。

【解答】

Aが転勤する前においても、Bは、期待権を有しています。その期待権は、相続の対象となります。したがって、Cは、その家をもらえる権利を相続できます。

【例題2】

AがB所有の建物を売却することができたときには、Bは、Aに報酬を支払うとしていた。Aは、その建物を売却する前に、Bに対する報酬請求権をDに譲渡することができるか。

【解答】

AがB所有の建物を売却する前においても、Aは期待権(=報酬をもらえること)を有しています。その期待権は、譲渡の対象となります。したがって、Dに譲渡することができます。(=通常の債権譲渡ということになります)

  • 条件が成就することによって不利益を受ける当事者が故意にその条件の成就を妨げたときは、相手方は、その条件が成就したものとみなすことができます

【例題1】

Aは自己所有の建物を売却したいと思ったが、相手を探すことができなかった。そこで、Bに売却してくれと頼み、もし、売却できたら報酬を支払うという契約を締結した。その後、Bは、その建物を買いたいと言うCを探してきた。そのことを知ったAが、Bに内緒で、直接、Cに売却した。この場合、Aの建物を売却することができなかったBは、Aから報酬を受け取ることができるのか。

【解答・手順】

  1. Bは、報酬をもらえると思って、Cを探してきた。それなのに、Cの存在を知ったAは、Bに報酬を支払いたくないので、Bに内緒で売却することは、Aにとってあまりにも都合がよく、Bにとって、あまりにも、不都合です。
  2. そこで、Bに報酬を支払う必要があるAが(=条件が成就することによって不利益を受ける当事者が)、Bに内緒で直接Cに売却したとき、(=故意にその条件の成就を妨げたとき)は、Bは、(=相手方は)自分が建物を売却したものとみなして報酬を受け取ることができます。(=その条件が成就したものとみなすことができます)
  3. また、Bは、Bの期待を裏切った(=期待権を侵害した)Aに対して、不法行為による損害賠償の請求をすることも可能です。

  • 条件が成就することによって利益を受ける当事者が不正にその条件を成就させたときは、相手方は、その条件が成就しなかったものとみなすことができる

この規定は、上記の規定と異なって、不正に条件を成就させた場合の取り扱いの規定です。

不正に条件を成就させた場合には、相手方は、その条件が成就しなかったものとみなすことができます。

この続きは、

テキスト完成版【期限・条件】をご利用ください。

≫教材購入者専用ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ