共有テキスト

令和2年宅建士試験独学合格

共有とは、ある1つの物を2人以上の者が共同で所有することです。例えば、甲建物をAとBが共同で購入した場合、その建物をAとBが2人で共有することになります。

共有物の使用

各共有者は、共有物の全部について、その持分に応じた使用をすることができます。

【例題】

AとBが共同で建物を購入した。Aの持分が3分の2で、Bの持分が3分の1です。この場合、Aは、その建物の3分の2、Bは、3分の1しか使えないのか。

【解答】

AもBも持分に応じた部分について使用できるのではなく、建物の全部を使用することができます。持分に応じた使用とは、例えば、Aが3日に2回、Bが3日に1回使用する等のことです。なお、共有者の1人の者に常に共有物を使用させたりすること等は、協議で定めることができます。

【補足】

  1. 共有の場合、各共有者は、共有物について持分(=共有物を所有できる割合)を有しています。

  2. 他の共有者との協議に基づかないで、自己の持分に基づいて1人で現に共有物を占有する共有者に対し、他の共有者は当然には共有物の明渡しを請求することができません。なぜなら、各共有者は、共有物の全部について、その持分に応じた使用をすることができるので、当然には明渡しを請求することができないのです。

    しかし、他の共有者は、現に共有物を占有する共有者に対し、持分の割合に基づいて損害賠償請求をすることができます

共有持分

共有の場合、各共有者は、共有物について持分(=共有物を所有できる割合)を有しています。

持分の推定

持分は、共有者同士で決めていきますが、決めていない場合等には、各共有者は、均等な持分であると推定されることになっています。例えば、AとBが甲建物を共有しているが持分を決めていなかった場合、Aの持分が2分の1、Bの持分が2分の1となります。

持分の譲渡等

持分は、各共有者が単独で自由に使える権利です。したがって、自分の持分を、他の共有者の承諾がなくても、第三者に譲渡したり、抵当権を設定することができます。

持分の放棄等

  1. 共有者の1人が、自分の持分を放棄したときは、その持分は、他の共有者のものになります。
  2. 共有者の1人が死亡した場合は、その者の持分は相続人のものになります。相続人がいない場合には、特別縁故者のものになります。特別縁故者がいない場合には、他の共有者のものになります。

【補足】

特別縁故者とは、「被相続人と生計を同じくしていた者」「被相続人の療養看護に努めた者」「その他被相続人と特別の縁故があった者」のことです。

この続きは、

テキスト完成版【共有】をご利用ください。

≫教材購入者専用ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ