宅建士試験~履行遅滞の成立要件と解除!民法改正を動画にて解説

令和2年宅建士試験独学合格

宅建士試験予想問題

フルセット専用ページ

セット教材購入者の方にお伝えしているパスワードで、フルセット専用ページのコンテンツをご利用頂けます。

当該ページには、質問受付、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説、法改正対策問題、ミニテスト、統計対策問題等を用意しております。

直前答練専用ページ

直前答練購入者の方にお伝えしているパスワードで、直前答練専用ページのコンテンツをご利用頂けます。

当該ページには、直前答練の質問受付、直前答練の詳細解説、直前答練の動画解説、オンライン版答練の問題と解答・解説(1回分)を用意しております。

宅建士合格広場では、理解ある知識を身に付けて頂くために、フルセット専用ページ(フルセット教材をご購入頂いた方の専用のページ)内において、約200もの動画解説ページを用意しています。

このページは、動画解説ページのサンプルとして、ご利用ください。

他の動画に関しましては、このHP上のフルセット専用ページにありますので、教材購入者の皆さんは、ご利用ください。

履行遅滞の成立要件と解除!民法改正論点

以下の問題(宅建士合格広場から販売しています一問一答式問題集に掲載しています)の動画解説です。

【問題】

次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいですか?それとも、誤っていますか?

Aが、B所有の建物を代金8,000万円で買い受け、即日3,000万円を支払い、残金は3ヵ月後所有権移転登記及び引渡しと引換えに支払う旨の約定がある。Bが、Aの代金支払いの受領を拒否してはいないが、履行期になっても建物の所有権移転登記及び引渡しをしない場合、Aは、Bに催告するだけで売買契約を解除することができる。

【動画解説】

解答は、誤った記述となります。

では、動画にて解説していきます。

2020年宅建士試験から改正民法が出題されますが、

債務不履行の論点は、改正論点であり、かつ、本試験で狙われる可能性が非常に高いです。

また、民法の問題については、単なる暗記だけでなく、理解ある暗記が必要となってきますので、必ず、専用ページ内にありますテキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説を使ってください。

≫動画解説サンプル目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

宅建士試験予想問題

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ