2016年宅建士試験合格発表直後!ここが分岐点

宅建士教材(宅建士合格広場)

宅建士答練(宅建士合格広場)

平成28年(2017年)度宅建士試験の合格点は、35点(登録講習修了者は、30点)でした。

本日、平成28年(2017年)度宅建士試験の合格発表を迎え、約3万人の方が、喜び、約17万人の方が悔しい結果となりました。

合格した方だけでなく、残念ながら不合格になってしまった方からも、当サイトに、メールを頂いています。

このページでは、残念ながら不合格になってしまった方からのメールを少しだけ紹介させて頂きます。

来年は、必ず、合格する!

【Aさんからのメール】

初の受験で34点でした。今日の合格発表で、かなり、ショックを受けました。ただし、私は、必ず、宅建士試験に合格する必要があるため、明日から勉強を始めようと思います。

…(略)…。

来年度の受験に向けて、御社の教材で学習を始めようと思うのですが、どの教材がおすすめですか?

本日の合格発表を迎え、特に、33点・34点の方は、悔しい結果になったと思います。

残念ながら、33点・34点で不合格になった方は、「勉強なんてやってられない。」、「当分、勉強を始める気がしない!」と思う方が多いのではないのでしょうか?

「明日から勉強を始める。」Aさんは、正直、「すごい。」と思いました。

Aさんと同様、残念ながら不合格になってしまった皆さんは、出来るだけ早い時期に、必ず、リベンジする場に戻って来てください。

合格することを諦める

【Bさんからのメール】

本年度の試験が、3回目の受験でした。点数は、33点でした。1回目は、○学校に通学し、2回目は、△学校の通信、3回目は、独学で勉強しました。宅建士合格広場の教材は、予想模試を利用させて頂きました。

…(略)…。

現時点で、来年の宅建士試験にチャレンジすることを考えていません。

このメールを見たとき、正直、「もったいない。」と思いました。

Bさんと同様、「宅建士試験に合格することを諦める。」方もいると思います。

もちろん、事情があって諦めるのは、仕方がないことです。

ただし、「難しいから。」、「合格する自信がないから。」を理由に、「宅建士試験に合格することを諦めようかな。」と思っている方は、今、諦めてしまうのではなく、ゆっくり、考えてみてはいかがでしょうか。

先程も言いましたが、合格発表直後は、「勉強なんてやってられない。」、「当分、勉強を始める気がしない!」と思うのが、ある意味、当然だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建士答練(宅建士合格広場)

勉強の流れ

 

STEP1:理解して暗記

テキストではなく、覚えるべき論点をまとめた復習まとめ集を覚えます。

単に暗記するだけでは、知識が定着せず、また、民法など一定の問題には対応することができず、理解が必要となります。

そこで、テキスト、ポイント解説、動画解説を使って、復習まとめ集に掲載している論点を理解して頂きます。

なお、注意すべき事項として言いましたが、テキスト、ポイント解説以上の深入りは禁物です。

STEP2:理解して解く

復習まとめ集に掲載している論点を暗記しているのかどうか?理解しているのかどうか?を確かめる必要があり、また、知識をより一層深めるためにも問題を解く必要があります。

そこで、一問一答問題集と四肢択一問題集を使ってください。

使う順番としては、「一問一答問題集→四肢択一問題集」となります。

問題を解き終われば、問題集上の解説だけでなく、必ず、ポイント解説と動画解説も忘れることなく使ってください。

これでもなお理解できない問題が出てきたときには、テキストやポイント解説などに戻ってください。これでもなお理解できないのであれば、質問をご利用ください

STEP3:復習を毎日継続

知識が定着していない間は、覚えては忘れる

これを繰り返すことになり、勉強が嫌になる理由の一つですが、合格する方は、必ず、これを乗り越えてきます。

ですので、皆さんも、知識が定着するまでは、毎日、復習を継続してください

復習まとめ集を使って復習をしてください。そして、2・3日に一度は、問題も解きなおしてください

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ