手付、買戻し特約テキスト

令和2年宅建士試験独学合格

宅建士試験予想問題

フルセット専用ページ

セット教材購入者の方にお伝えしているパスワードで、フルセット専用ページのコンテンツをご利用頂けます。

当該ページには、質問受付、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説、法改正対策問題、ミニテスト、統計対策問題等を用意しております。

直前答練専用ページ

直前答練購入者の方にお伝えしているパスワードで、直前答練専用ページのコンテンツをご利用頂けます。

当該ページには、直前答練の質問受付、直前答練の詳細解説、直前答練の動画解説、オンライン版答練の問題と解答・解説(1回分)を用意しております。

売買契約

売買契約は、売主が財産権を買主に移転させることを約束し、買主がそれに対して代金を支払うことを約束する契約のことであり、諾成契約です。

なお、売主は、他人の財産権を買主に移転させる契約(他人物売買)を締結することもできます。

【補足】

  1. 諾成契約とは、当事者の意思表示の合意により成立する契約のことです。
  2. 契約書の作成費用や印紙代などの売買契約に関する費用は、特約がない限り、当事者双方が等しい割合で負担することになります。

手付

手付とは、売買契約の締結の際に、当事者の一方から相手方に交付される金銭などのことです。

なお、手付は、証約手付、解約手付、違約手付の3種類があり、原則、当事者間で、どの性質の手付にするかを決めることができます。

当事者間で何も決めることなく、手付を交付した場合、その手付は、解約手付と推定されます。

【補足】

  1. 手付は、売買契約に限定されて、交付するものではありません。例えば、賃貸借契約でも交付されます。
  2. 証約手付とは、契約が成立した証拠として交付される手付のことです。
  3. 違約手付とは、2種類に区分されます。1つは、買主が売主に手付を交付し、買主の責任で債務不履行になった場合、売主は、その手付を没収できます。その手付の没収とは別に、売主に対して損害が生じている場合には、別途、損害賠償の請求も可能です。もう1つは、債務不履行があった場合に、損害賠償額の予定として交付される手付です。

解約手付とは

解約手付とは、手付を交付することにより、一定期間内であれば、債務不履行等がなくても契約当事者に契約を解除できる権利を与えるものです。

 

解約手付による契約解除

相手方が履行に着手するまでであれば、売主は、手付の倍額を返還し、買主は、手付を放棄することにより、契約を解除できます。

【補足】

  1. Aが、自己所有の建物についてBとの間で売買契約を締結し、Bは、100万円の手付をAに交付した。この場合、売主であるAから契約を解除するためには、Aは、買主であるBが履行に着手(例えば、代金の一部を支払ったりする等)するまでは、受領した手付の倍額(200万円)をBに実際に支払うことにより、契約を解除することができます。また、買主であるBから契約を解除するためには、Bは、売主であるAが履行に着手(例えば、建物の引渡し等)するまでは、支払った手付を放棄(返してと言わないこと)することにより、契約を解除することができます。

  2. 自ら履行に着手しているときは、A及びBは、契約を解除することができます。例えば、Aは、自ら履行に着手したが、Bが履行に着手するまでは、手付の倍額を支払うことにより、契約を解除することできます。また、Bは、自ら履行に着手したが、Aが履行に着手するまでは、支払った手付を放棄することにより、契約を解除することができます。

  3. 買主であるBが手付を放棄することにより、売買契約を解除した場合で、その解除によって、売主であるAが、受領した手付額を超える損害を受けた場合、Aは、Bに対して、損害賠償請求をすることができません

  4. 売主であるAの債務不履行により、買主であるBが、債務不履行を理由に、売買契約を解除した場合、Bは、Aに対して、手付の返還を請求することができます。つまり、債務不履行により買主が契約を解除する際に、手付を放棄する必要はないということです。

  5. 手付の倍額を償還することによる契約の解除については、売主は、口頭によって手付の倍額を償還する旨を告げ、受領を催告しても、それに伴い契約を解除することができません。売主は、買主に対して、現実の提供をしたうえで、解除の意思表示をすることにより契約を解除することができます。

  6. なお、当事者間で、その手付は、解約手付ではないという特約を定めることができます

この続きは、

テキスト完成版【売買・手付・買戻し】をご利用ください。

≫フルセット専用ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

宅建士試験予想問題

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ