贈与税一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

宅建士試験予想問題

 宅建士合格広場教材

直前答練購入者の皆さんへ

皆さんからお知らせ頂きました点数の集計結果(第1回:合格点、合格ボーダー)を以下のページにて掲載しています。

今後の勉強に向けて、現時点での皆さんの力を把握してください。

≫≫≫直前答練成績ページ

贈与税【問題と解説】

贈与税に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。なお、特に指示がない限り、平成28年度中に贈与しているものとします。

問題1 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例の適用要件(期限)

住宅取得のための資金の贈与を受けた年の12月31日までに住宅用の家屋を新築若しくは取得又は増改築等をしなければ、特定の贈与者から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例の適用を受けることはできない。

【解答・解説】 

贈与により住宅取得等資金の取得をした日の属する年の翌年3月15日までに、住宅用の家屋を新築、取得、増改築等をしなければなりません。

×が正解になります。

問題2 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例の適用要件(所得金額)

住宅取得のための資金の贈与を受けた者について、その年の所得税法に定める合計所得金額が2,000万円を超えている場合においても、租税特別措置法第70条の2の直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例の適用を受けることができる。

【解答・解説】 

合計所得金額が2,000万円以下であることが、直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例の適用要件とされています。

×が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材