請負契約一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

2018年度版フルセット教材は、完売のため、販売を終了させて頂きます。

2018年度版直前答練は、引き続き、販売しております。なお、数に限りがございますので、予めご了承ください。

宅建士試験予想問題

請負契約【問題と解説】

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 仕事完成義務と報酬支払義務

請負人が約定期日までに仕事を完成できず、そのために目的物の引渡しができない場合でも、報酬の提供がなければ、履行遅滞とならない。

【解答・解説】 

請負人の仕事完成義務は、報酬支払義務に対し先履行の関係にたちます。よって、約定の期日までに目的物を完成して引き渡さなかったときは、報酬の提供がなくても、履行遅滞となります。

×が正解になります。

問題2 瑕疵修補請求

請負契約により注文者Aが請負人Bに建物を建築させた。AがBから完成した建物の引渡しを受けた後、Cに対して建物を譲渡したときは、Cは、その建物の瑕疵について、Bに対し修補の請求をすることができる。

【解答・解説】 

直接契約関係のないCは、Bに対して、瑕疵の修補の請求をすることができません。

×が正解になります。

問題3 請負契約の解除

請負人が仕事を完成しない間は、注文者は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができる。

【解答・解説】 

請負人が仕事を完成しない間は、注文者は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができます。

が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材