売主の担保責任一問一答

2019年宅建士試験の解答に関しましては、以下のページにて、2019年10月20日(日)16時30分頃から公開する予定です。

なお、昨年同様、アクセス集中が予定され、サーバーダウンする可能性もございますのでご了承ください。また、メルマガ(まぐまぐ)において、解答を送信する予定です。メルマガに関しましては、本試験直後、順次、数回に分けて、送信予定です。

≫≫2019年解答速報ページ

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

売主の担保責任【問題と解説】

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 他人の権利を売買の目的とした場合

他人の権利を売買の目的とした場合において、売主がその権利を取得し、買主にこれを移転できなかったときは、買主が悪意であった場合、買主は、契約を解除することができない。

【解答・解説】 

買主が悪意の場合、買主は、売主に対し、契約解除をすることができます。

×が正解になります。

問題2 他人物売買の売主を権利者が相続した場合

Aは、Bの承諾を得ないで、自己のものであるとしてB所有の動産をCに売却した。BがAを相続した場合、Bは、当該動産の引渡義務の履行を拒むことができない。

【解答・解説】 

他人物売買の売主を権利者が相続した場合、売主としての履行義務を承継したときにも、信義則に反すると認められるような特別の事情がない限り、権利者は、履行義務を拒否することができます。

×が正解になります。

問題3 土地の一部に他人が所有する土地が含まれていた場合

売買の目的物である土地の一部に他人が所有する土地が含まれていたことを理由に、買主が当該他人の土地を取得することができなかった場合、買主は、売買契約当時、当該土地の一部が他人の土地であることを知っていたときには、売買契約を解除することができない。

【解答・解説】 

買主が悪意の場合、買主は、売主に対して、代金減額請求をすることができますが、契約を解除することはできません。

が正解になります。

問題4 抵当権の行使

Aは自己所有の土地についてその売主Bとの間で売買契約を締結した。当該土地についてCの抵当権が設定されていた場合において、Aがこれを知らずに買い受けたときには、Aは、Bに対して、契約を直ちに解除することができる。

【解答・解説】 

抵当権の行使により買主がその所有権を失ったときに、契約を解除することができます。

×が正解になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ