贈与契約一問一答

本試験お疲れ様でした。

当サイトでは、予想合格基準点掲載のため、以下のページにて、皆さんの自己採点の結果を集計しております。

ご協力の程、よろしくお願い致します。

≫≫2019年解答速報ページ

宅建士合格広場から販売しております【一問一答式問題集:権利関係NO2:贈与契約】から出題しております。一部分だけですので、続きは、一問一答式問題集をご利用ください。

贈与契約【問題と解説】

次の記述のうち、民法及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1

Aは、生活の面倒をみてくれている甥のBに、自分が居住している甲建物を贈与しようと考えている。AからBに対する無償かつ負担なしの甲建物の贈与契約が、書面によらないでなされた場合、Aが履行するのは自由であるが、その贈与契約は法的な効力を生じない。

【解答・解説】

贈与は、当事者の一方がある財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。本問のように書面によらない場合であっても、Aの意思表示とBの受諾によって法的な効力を生じる。

×が正解になります。

≫一問一答式問題集詳細ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ