相続一問一答

宅建士教材(宅建士合格広場)

宅建士答練(宅建士合格広場)

宅建士合格広場から販売しております【一問一答式問題集:権利関係NO3:相続】から出題しております。一部分だけですので、続きは、一問一答式問題集をご利用ください。

相続【問題と解説】

次の記述のうち、民法及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 相続分

1億2,000万円の財産を有するAが死亡した。Aには、配偶者はなく、子B、C、Dがおり、Bには子Eが、Cには子Fがいる。Bは相続を放棄した。また、Cは生前のAを強迫して遺言作成を妨害したため、相続人となることができない。この場合における法定相続分は、Dが4,000万円、Eが4,000万円、Fが4,000万円となる。

【解答・解説】

相続放棄は、代襲相続の原因とならないため、Bの子供Eは、代襲相続人に該当しないが、相続欠格は、代襲相続の原因となるため、Cの子供Fは、代襲相続人に該当する。よって、DとFが、法定相続人に該当する。代襲相続人Fの法定相続分は、被代襲者(C)の法定相続分と同じであり、DとFの法定相続分は、それぞれ、2分の1(1億2000万円×2分の1=6,000万円)となる。

×が正解になります。

問題2 遺産分割

成年Aには将来相続人となるB及びC(いずれも法定相続分は2分の1)がいる。Aが「自己所有の甲土地全部をBに相続させる」旨の有効な遺言をして死亡し、甲土地以外の相続財産についての遺産分割協議の成立前にBがCの同意なく甲土地を第三者Dに売却した場合、特段の事情がない限り、CはBD間の売買契約を無権代理行為に準じて取り消すことができる。

【解答・解説】

特定の遺産を特定の相続人に「相続させる」趣旨の遺言(特定財産承継遺言)があった場合には、特段の事情のない限り、何らの行為を要せずして、当該遺産は、被相続人の死亡の時に直ちに相続により承継される。つまり、Bは、自己の財産である土地をDに売却しているだけなので、CはBD間の売買契約を取り消すことができない。

×が正解になります。

≫一問一答式問題集詳細ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建士答練(宅建士合格広場)

勉強の流れ

 

STEP1:理解して暗記

テキストではなく、覚えるべき論点をまとめた復習まとめ集を覚えます。

単に暗記するだけでは、知識が定着せず、また、民法など一定の問題には対応することができず、理解が必要となります。

そこで、テキスト、ポイント解説、動画解説を使って、復習まとめ集に掲載している論点を理解して頂きます。

なお、注意すべき事項として言いましたが、テキスト、ポイント解説以上の深入りは禁物です。

STEP2:理解して解く

復習まとめ集に掲載している論点を暗記しているのかどうか?理解しているのかどうか?を確かめる必要があり、また、知識をより一層深めるためにも問題を解く必要があります。

そこで、一問一答問題集と四肢択一問題集を使ってください。

使う順番としては、「一問一答問題集→四肢択一問題集」となります。

問題を解き終われば、問題集上の解説だけでなく、必ず、ポイント解説と動画解説も忘れることなく使ってください。

これでもなお理解できない問題が出てきたときには、テキストやポイント解説などに戻ってください。これでもなお理解できないのであれば、質問をご利用ください

STEP3:復習を毎日継続

知識が定着していない間は、覚えては忘れる

これを繰り返すことになり、勉強が嫌になる理由の一つですが、合格する方は、必ず、これを乗り越えてきます。

ですので、皆さんも、知識が定着するまでは、毎日、復習を継続してください

復習まとめ集を使って復習をしてください。そして、2・3日に一度は、問題も解きなおしてください

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ