合格できる教材は提供します!だから、勉強して下さい

宅建士教材(宅建士合格広場)

宅建士答練(宅建士合格広場)

宅建士試験は、必ず、合格できると言っても過言ではありません。

「必ず、合格できる。」

このことだけは、分かったうえで、この記事をお読み下さい。

必ず、宅建士試験に合格できる。

例えば、宅建士合格広場の教材に掲載していない論点ばかりが、宅建士試験で出題されていた場合、「宅建士試験に合格することは難しい!」と正直に言います。

ただ、宅建士試験の問題と合格点を分析する限り、「宅建士試験は、必ず、合格できる。」と言いきれます。

教材に掲載している論点が出題されている。

毎年、宅建士合格広場の教材を購入して頂いた方の多くが高得点を取り、合格しています。

平成30年度(2018年度)宅建士試験においても、10月24日現在、教材購入者の9割位の方が、37点を超えています。

10月24日現在、合格点が発表されていませんが、37点を超えていれば、99.99…%の確率で合格できるでしょう。

では、なぜ、宅建士合格広場の教材を購入して頂いた方の多くが合格しているのかを分析していきます。

宅建士合格広場の教材に掲載している論点が、宅建士試験の問題(45問)に出題されているからこそ、教材購入者の9割近くの方が、37点を超えていると思います。

例えば、皆さんがお持ちの教材に掲載していない問題が、宅建士試験に出題された場合、当然、皆さんは、その問題を正解することができません。

勉強すべき教材に掲載していない問題が、宅建士試験に出題された場合、これは、皆さんがお持ちの教材が悪いのです。

確かに、宅建士合格広場の教材の全てをマスターしている方でも、平成30年度(2018年度)宅建士試験で満点は取ることができません。

なぜなら、宅建士合格広場の教材に掲載してない論点が出題されたからです。

これは、当サイトが反省すべき点です。

ここ数年の宅建士試験を分析する限り、宅建士合格広場の教材に掲載している論点さえマスターして頂ければ、最低でも、合格点は取れます。これは、分析済みです。

合格できる教材は提供できる!ただ、勉強するのは皆さんです。

当サイトとしては、合格できる教材を提供していきます。後は、皆さんが、当サイトの教材を徹底的に勉強してください。

勉強することは、面倒くさいし、ダルイし、楽しくもありません。ただ、分かりきったことですが、勉強をしなければ合格することができません。

再度繰り返しますが、当サイトは、皆さんに、合格できる教材を提供します。これに対し、皆さんは、当サイトの教材を徹底的に勉強してください。

これが、かみ合うことで、合格を勝ち取ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建士答練(宅建士合格広場)

勉強の流れ

 

STEP1:理解して暗記

テキストではなく、覚えるべき論点をまとめた復習まとめ集を覚えます。

単に暗記するだけでは、知識が定着せず、また、民法など一定の問題には対応することができず、理解が必要となります。

そこで、テキスト、ポイント解説、動画解説を使って、復習まとめ集に掲載している論点を理解して頂きます。

なお、注意すべき事項として言いましたが、テキスト、ポイント解説以上の深入りは禁物です。

STEP2:理解して解く

復習まとめ集に掲載している論点を暗記しているのかどうか?理解しているのかどうか?を確かめる必要があり、また、知識をより一層深めるためにも問題を解く必要があります。

そこで、一問一答問題集と四肢択一問題集を使ってください。

使う順番としては、「一問一答問題集→四肢択一問題集」となります。

問題を解き終われば、問題集上の解説だけでなく、必ず、ポイント解説と動画解説も忘れることなく使ってください。

これでもなお理解できない問題が出てきたときには、テキストやポイント解説などに戻ってください。これでもなお理解できないのであれば、質問をご利用ください

STEP3:復習を毎日継続

知識が定着していない間は、覚えては忘れる

これを繰り返すことになり、勉強が嫌になる理由の一つですが、合格する方は、必ず、これを乗り越えてきます。

ですので、皆さんも、知識が定着するまでは、毎日、復習を継続してください

復習まとめ集を使って復習をしてください。そして、2・3日に一度は、問題も解きなおしてください

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ