不動産登記法【間違いを探せ問題】

【2019年度解答速報】

問1

問11 問21 問31 問41

問2

問12 問22 問32 問42

問3

問13 問23 問33 問43

問4

問14 問24 問34 問44

問5

問15 問25 問35 問45

問6

問16 問26 問36 問46

問7

問17 問27 問37 問47

問8

問18 問28 問38 問48

問9

問19 問29 問39 問49

問10

問20 問30 問40 問50

今から、宅建士試験の不動産登記法で暗記して頂きたい条文や判例等を掲載します。

ただ、その中には、あえて、間違っている文章を掲載しています。

じっくり読み、間違った文章を探してください。

じっくり読み、考えることが重要なので、解答については、宅建士合格広場のメルマガに掲載します。なので、メルマガの方も、是非、よろしくお願い致します。

なお、解答については、セット教材購入者専用ページにも掲載しているので、セット教材購入者の方は、こちらでも、解答を見ることができます。

不動産登記法

間違った文章を探し出してください。なお、正しい文章については、正確に暗記してください。

  1. 地目又は地積について変更があったときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人は、その変更があった日から2ヵ月以内に、変更の登記を申請しなければならない。
  2. 地目又は地番区域が相互に異なる土地の合筆の登記は、することができない。
  3. 相続又は法人の合併による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができない。
  4. 送付の方法による登記事項証明書の交付を請求する場合は、電子情報処理組織を使用して請求することができる。
  5. 登記原因を証する情報として執行力のある確定判決の判決書の正本が提供されている場合、第三者の許可したことを証する情報を提供する必要がない。
  6. 区分建物の床面積は、壁その他の内側線で囲まれた部分の水平投影面積により算出される。
  7. 区分建物以外の建物の床面積は、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積により算出される。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ