不法行為一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

7/31まで早割価格!

2018年度版直前答練

販売価格3,500円

~7月31日までの早割価格です~

≫詳細はこちらのページで

 宅建士合格広場教材

不法行為【問題と解説】

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 使用者責任

法人の被用者がした取引行為がその行為の外形からみて法人の事業の範囲内に属するものと認められる場合であっても、その行為が被用者の職務権限内において行われたものではなく、かつ相手方が重大な過失によってこれを知らずに取引したときは、法人は、その取引によって受けた損害につき、民法第715条第1項の規定による賠償責任を負わない。

【解答・解説】 

被用者の取引行為がその外形からみて使用者の事業の範囲内に属すると認められる場合であっても、その行為が被用者の職務権限内において適法に行なわれたものではなく、かつ、その行為の相手方がその事情を知り、又は、少なくとも重大な過失によってこれを知らないものであるときは、その取引の相手方である被害者は、民法第715条第1項により使用者に対してその取引行為に基づく損害の賠償を請求することができません。

が正解になります。

問題2 使用者責任

使用者責任が成立した場合、被害者は、使用者と被用者の双方に損害賠償の全額を請求することができる。

【解答・解説】 

使用者責任が成立した場合、被害者は、使用者と被用者の双方に損害賠償の全額を請求することができます。

が正解になります。

問題3 使用者責任

Aに雇用されているBが、勤務中にA所有の乗用車を運転し、営業活動のため顧客Cを同乗させている途中で、Eに雇用されているDが運転していたD所有の乗用車と正面衝突した(なお、事故についてはBとDに過失があり、過失割合は同じとする)。BがCの請求に応じて損害を賠償した場合には、Bは、賠償額全額につきEに対して求償することができる。

【解答・解説】 

Bは、過失割合に応じた被用者(D)の負担部分について使用者(E)に対し求償することができます。

×が正解になります。

問題4 過失相殺

Aが、その過失によってB所有の建物を取り壊した。Aの不法行為に関し、Bにも過失があった場合、Aから過失相殺の主張がないときにおいても、裁判所は、賠償額の算定に当たって、賠償金額を減額することができる。

【解答・解説】 

不法行為による過失相殺は、Aからの主張がなくても、裁判所は、賠償額の算定に当たって、賠償金額を減額することができます。

が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材