物権変動一問一答

以下のページにて、令和元年宅建士試験の解答と予想合格基準点を掲載しております。

≫≫2019年解答速報ページ

宅建士合格広場から販売しております【一問一答式問題集:権利関係NO3:物権変動】から出題しております。一部分だけですので、続きは、一問一答式問題集をご利用ください。

物権変動【問題と解説】

次の記述のうち、民法及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1

A所有の甲土地につき、時効により所有権を取得したBは、時効完成前にAから甲土地を購入して所有権移転登記を備えたCに対して、時効による所有権の取得を主張することができない。

【解答・解説】

時効取得者(B)は、不動産の取得時効完成前に原所有者(A)から所有権を取得し移転登記を経由した者(C)に対して、登記をすることなく対抗することができる。

×が正解になります。

≫一問一答式問題集詳細ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ