事務管理テキスト

事務管理の問題については、宅建士試験で頻出しているわけではありません。よって、他の重要な項目の学習を終えてからご覧ください。

 宅建士合格広場教材

皆様からの要望や質問をお受けし、宅建士合格広場では、過去問題を動画で解説していきます。また、他のコンテンツに関しましても動画でUPしていきます。

≫≫教材購入者の皆様は、こちらの動画解説ページをご利用ください。

※教材購入者の皆様は、宅建士合格広場が作成しました全ての動画をご覧頂けます。なお、過去問の解説以外の動画に関しましては、上記のページには掲載しておりませんので、こちらのページ(宅建士合格広場のチャンネルページ)でチャンネル登録をして頂いて、必ず、見逃さないようにお願い致します。

≫≫教材購入者以外の皆様は、こちらの動画解説ページをご利用ください。

※誠に申し訳ございませんが、教材購入者以外の皆様は、一部の動画しかご覧頂けません。なお、過去問の解説以外の動画に関しましては、上記のページには掲載しておりませんので、こちらのページ(宅建士合格広場のチャンネルページ)でチャンネル登録をして頂いて、必ず、見逃さないようにお願い致します。

事務管理とは

事務管理とは、簡単に言うと、他人から頼まれていないのに、他人のために仕事をすることです。

例えば、A(本人)の建物の屋根が潰れそうだった。近々、台風接近のニュースを聞いたB(管理者)がAの家に行って、建物の状況を説明しようとしたが、Aは、旅行に出かけており、説明することができなかった。

そして、Bが、その建物の修繕をしたような場合のことです。このように、事務管理は、契約ではありません。委任とかなり似ていますが、委任は、契約です。

事務管理のポイント

  1. 管理者が、事務管理を始めたときは、管理者は、そのことを、事務管理を始めたことを知らない本人に通知する必要があります
  2. 管理者は、行うべき事務の性質に従い、最も本人の利益に適合する方法により、事務管理をする必要があります。ただし、管理者は、本人の意思を知っているとき、又はこれを推知することができるときは、その意思に従って事務管理をする必要があります。
  3. 管理者は、原則、善良な管理者の注意をもって、事務管理をする義務を負います。ただし、本人の身体、名誉又は財産に対する急迫の危害を免れさせるために事務管理をした管理者は、悪意又は重大な過失があるのでなければ、これによって生じた損害を賠償する責任を負いません。例えば、隣の人の家が火事になっていたので、隣の人を助けに行ったような場合のことです。
  4. 管理者は、本人又はその相続人若しくは法定代理人が管理をすることができるに至るまで、事務管理を継続する必要があります。ただし、事務管理の継続が本人の意思に反し、又は本人に不利であることが明らかであるときは、事務管理を止める必要があります。
  5. 管理者は、本人のために有益な費用(必要費及び有益費)を支出したときは、本人に対し、その償還を請求することができます。なお、管理者は、事務管理を行うことにより、原則、報酬を請求することができません
  6. 本人の意思に反する事務管理をした管理者は、支出した費用全額の償還を請求することができず、その事務管理によって、本人が受けた利益の限度で、償還請求をすることができるということです。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材