連帯債務一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

2018年度版フルセット教材は、完売のため、販売を終了させて頂きます。

2018年度版直前答練は、引き続き、販売しております。なお、数に限りがございますので、予めご了承ください。

宅建士試験予想問題

連帯債務【問題と解説】

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 取消しの原因があった場合

A、B、Cが1,500万円の連帯債務をDに負っている。Aについては制限行為能力を理由に契約の取消しが認められるときには、Aの負担部分については、B及びCも、その債務を免れる。

【解答・解説】 

連帯債務者の一人について法律行為の無効又は取消しの原因があっても、他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられません。

よって、Aの負担部分について、B及びCは、その債務を免れません。

×が正解になります。

問題2 無効の原因があった場合

AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れた。AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ 1,000万円の債務を負う。

【解答・解説】 

連帯債務者の一人について法律行為の無効又は取消しの原因があっても、他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられません。

よって、AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ1,000万円の債務を負います。

が正解になります。

問題3 債務を承認した場合

連帯債務者の一人が消滅時効の完成前に債務を承認した場合には、他の連帯債務者との関係でも消滅時効が中断する。

【解答・解説】 

連帯債務者の一人が債務を承認した場合、その者の時効が中断されますが、他の連帯債務者の債務の時効は中断しません。

×が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材