不動産登記法一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

 宅建士合格広場教材

不動産登記法【問題と解説】

次の記述のうち、民法の規定、判例、不動産登記法、不動産登記規則、不動産登記令によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。なお、問題上、特に指示がない限り、区分建物・仮登記については、考慮する必要はありません。

問題1 登記所に備える地図

不動産登記法の規定により登記所に備える地図は、すべて一筆の土地ごとに作成され、土地の区画及び地番が明確にされている。

【解答・解説】 

地図は、一筆又は二筆以上の土地ごとに作成し、各土地の区画を明確にし、地番を表示します。

×が正解になります。

問題2 不動産が二以上の登記所の管轄区域にまたがる場合

二つの登記所の管轄区域にまたがって建っている建物の表示の登記の申請は、双方の登記所にそれぞれ申請しなければならない。

【解答・解説】 

不動産が二以上の登記所の管轄区域にまたがる場合は、法務大臣又は法務局若しくは地方法務局の長が、登記所を指定します。

なお、指定がされるまでの間は、いずれか一つの登記所に、登記を申請することができます。

よって、双方の登記所にそれぞれ申請する必要はありません。

×が正解になります。

問題3 地上権を目的とする抵当権設定の登記

地上権を目的とする抵当権設定の登記は、付記登記でなされる。

【解答・解説】 

地上権を目的とする抵当権設定の登記は、付記登記によって行われます。

が正解になります。

問題4 根抵当権の極度額の変更登記

根抵当権の極度額の変更登記は、主登記でなされる。

【解答・解説】 

根抵当権の極度額の変更登記は、付記登記によって行われます。

×が正解になります。

問題5 買戻しの特約の登記

買戻しの特約の登記は、主登記でなされる。

【解答・解説】 

買戻しの特約の登記は、付記登記によって行われます。

×が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材