建築協定テキスト

現在、フルセット教材の申込みが殺到しておりまして、本日中に発送することができない状況となっております。

ご迷惑をおかけすること、誠に申し訳ございません。

2020年宅建士試験教材

令和2年宅建士試験独学合格

建築物を建てる場合、建築基準法を守る必要があります。

しかし、建築基準法は、最低限のルールを全国一律に定めたものであり、それだけでは地域の特性に応じた住みよい環境づくり等を実現するためには必ずしも十分ではありません。

そこで、より良い街づくりを実現するために、建築基準法上、建築協定という制度があります。建築協定は、建築基準法で定められた基準に上乗せして、建築のルールを地域住民自ら取り決め、地域の特性を活かした街づくりの実現のための制度です。

建築協定できる内容

建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、意匠又は建築設備に関する基準です。

建築協定を締結できる区域

市長村が条例で定めた区域内で、建築協定を締結することができます。

 

 建築協定を締結するためには

  1. 建築協定を締結しようとする土地の所有者等(土地の借地権者も含みます)は、協定の目的となっている土地の区域(建築協定区域といいます)、建築物に関する基準、協定の有効期間及び協定違反があった場合の措置を定めた建築協定書を作成し、その代表者によって、これを特定行政庁に提出し、その認可を受けなければなりません
  2. 上記1の建築協定書については、土地の所有者等の全員の合意が必要となります。ただし、当該建築協定区域内の土地に借地権の目的となっている土地がある場合においては、借地権者の合意があれば足りることになります。

【補足】

  1. 建築協定を締結するには、建築協定区域内の土地所有者等の全員の合意が必要となります。なお、借地権の目的となっている土地については、借地権者の合意が必要であり、土地所有者の合意は不要です。

  2. 市町村の長は、建築協定書の提出があった場合においては、遅滞なく、その旨を公告し、20日以上の相当の期間を定めて、これを関係人の縦覧に供さなければなりません。

建築協定の変更

建築協定の内容を変更するときには、建築協定区域内の土地所有者等の全員の合意が必要となります。また、特定行政庁に申請をして、特定行政庁の認可が必要となります

この続きは、

テキスト完成版【建築基準法:建築協定】をご利用ください。

≫教材購入者専用ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ