用途制限テキスト

~中間発表~

7月12日時点、直前答練で上位15.7%(切り捨て)に入るための点数は、以下のとおりです。(印象として、高得点の方が多く、全体的に昨年度よりもレベルが高くなっています!)

答練は本試験ではありませんので、苦手分野を見つけ、一つずつ克服していきましょう。そして、本試験まで継続して復習を怠らないでください。

第1回直前答練:37点

第2回直前答練:38点

第3回直前答練:35点

令和2年宅建士試験独学合格

宅建士試験予想問題

フルセット専用ページ

セット教材購入者の方にお伝えしているパスワードで、フルセット専用ページのコンテンツをご利用頂けます。

当該ページには、質問受付、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説、法改正対策問題、ミニテスト、統計対策問題等を用意しております。

直前答練専用ページ

直前答練購入者の方にお伝えしているパスワードで、直前答練専用ページのコンテンツをご利用頂けます。

当該ページには、直前答練の質問受付、直前答練の詳細解説、直前答練の動画解説、オンライン版答練の問題と解答・解説(1回分)を用意しております。

都市計画法で用途地域(13種類)が定められています。そして、その用途地域内で、建築することができる建築物、建築することができない建築物があるのですが、それを定めているのが、用途制限です。

用途制限【原則】

用途 用途地域
神社、寺院、教会、巡査派出所、公衆電話所、公衆浴場、診療所、保育所、幼保連携型認定こども園 全ての用途地域(13種類)で建築することができます。
住宅、共同住宅、寄宿舎、下宿、図書館、兼用住宅(日用品販売・喫茶店・美容室・クリーニング取次店・学習塾・事務所等、かつ、住宅でない部分の床面積が50平方メートル以下で、建築物の延べ面積の2分の1未満であるもの)、老人ホ-ム、身体障害者福祉ホーム 工業専用地域には、建築することができません。
幼椎園、小学校、中学校、高等学校 工業地域と工業専用地域には、建築することができません。
大学、高等専門学校、専修学校、病院 第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、田園住居地域、工業地域、工業専用地域には、建築することができません。
老人福祉センター、児童厚生施設
  1. 600平方メートルを超える場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、田園住居地域には、建築することができません。
  2. 600平方メートル以下の場合には、全ての用途地域で建築することができます。
自動車教習所
  1. 用途に供する部分の床面積が3,000平方メートルを超える場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、田園住居地域には、建築することができません。
  2. 用途に供する部分の床面積が3,000平方メートル以下の場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、田園住居地域には、建築することができません。
床面積の合計が150平方メートル以内の一定の店舗、飲食店等 第1種低層住居専用地域、工業専用地域には、建築することができません。なお、工業専用地域で、建築が禁止されているのは、物品販売業を営む店舗、飲食店です。
床面積の合計が10,000平方メートルを超える店舗、飲食店等 近隣商業地域、商業地域、準工業地域で、建築することができます。
ボーリング場、スケート場、水泳場、ゴルフ練習場
  1. 用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートルを超える場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、田園住居地域、工業専用地域には、建築することができません。
  2. 用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートル以下の場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、田園住居地域、工業専用地域には、建築することができません。
カラオケボックス・ダンスホール
  1. 用途に供する部分の床面積が10,000平方メートルを超える場合には、近隣商業地域、商業地域、準工業地域で、建築することができます。
  2. 用途に供する部分の床面積の合計が10,000平方メートル以下の場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、田園住居地域には、建築することができません
麻雀屋、パチンコ屋
  1. 用途に供する部分の床面積が10,000平方メートルを超える場合には、近隣商業地域、商業地域、準工業地域で、建築することができます。
  2. 用途に供する部分の床面積の合計が10,000平方メートル以下の場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、田園住居地域、工業専用地域には、建築することができません。
劇場、映画館、演芸場、観覧場、ナイトクラブ
  1. 客席の部分の床面積の合計が200平方メートル以上の場合には、近隣商業地域、商業地域、準工業地域で、建築することができます。
  2. 客席の部分の床面積の合計が200平方メートル未満の場合には、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域で、建築することができます。
キャバレー、料理店(飲食店とは異なります) 商業地域と準工業地域で建築することができます。
個室付浴場業にかかる公衆浴場等 商業地域で建築することができます。
ホテル、旅館
  1. 用途に供する部分の床面積が3,000平方メートルを超える場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、田園住居地域、工業地域、工業専用地域には、建築することができません。
  2. 用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートル以下の場合には、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、田園住居地域、工業地域、工業専用地域には、建築することができません。
倉庫業を営む倉庫 第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、第2種住居地域、田園住居地域には、建築することができません。
作業場の床面積の合計が50平方メートル以下で、危険性や環境を悪化させるおそれが非常に少ない工場 第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、田園住居地域で、建築することができません。
作業場の床面積の合計が150平方メートル以下で、危険性や環境を悪化させるおそれが少ない工場 近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域、工業専用地域で、建築することができます。
作業場の床面積の合計が150平方メートルを超える工場か、危険性や環境を悪化させるおそれがやや多い工場 準工業地域、工業地域、工業専用地域で、建築することができます。
危険性が大きいか又は著しく環境を悪化させるおそれがある工場 工業地域、工業専用地域で、建築することができます。
自動車修理工場
  1. 作業場の床面積の合計が150平方メートル以内の場合、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域、工業専用地域で、建築することができます。
  2. 作業場の床面積の合計が300平方メートル以内の場合、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域、工業専用地域で、建築することができます。
卸売市場、火葬場、と畜場、汚物処理場、ごみ焼却場その他政令で定める処理施設

都市計画区域内においては、卸売市場、火葬場又はと畜場、汚物処理場、ごみ焼却場その他政令で定める処理施設の用途に供する建築物は、都市計画においてその敷地の位置が決定しているものでなければ、原則、新築し、又は増築してはなりません。

※都市計画において敷地の位置が決定していなければ、原則、新築等することができません。ただ、敷地の位置が決定していたとしても、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、田園住居地域では、原則、新築等することができません。

農産物の生産、集荷、処理又は貯蔵に供するもの(一定のものを除く)、農業の生産資材の貯蔵に供するもの、農業の利便を増進するために必要な店舗、飲食店等(床面積の合計が500平方メートル以内等)

田園住居地域でしか建築することができません。

この続きは、

テキスト完成版【建築基準法:用途制限】をご利用ください。

≫フルセット専用ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

宅建士試験予想問題

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ