都市計画税テキスト

2018年宅建士試験の合格点→→37点

2018年宅建士試験の合格率→→15.6%

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

宅建士合格広場から販売しております教材をご購入いただいた方は、専用ページに内にありますテキスト完成版をお使いください。

このページのテキストは、一部、省略していますので、必ず、テキスト完成版をお使いください。

都市計画税は、都市計画事業や土地区画整理事業に要する費用に充てるため、原則、市街化区域内に所在する土地及び家屋に対して課税されることになる税金のことです。

納税義務者

その年の1月1日において、土地又は家屋の所有者として、固定資産課税台帳等に登録されている者が、納税義務者となります。

都市計画税の税率

都市計画税の税率は、0.3%(制限税率)となります。

都市計画税の免税点

都市計画税の免税点は、土地が30万円、家屋が20万円で、固定資産税の免税点と同じです。

都市計画税の徴収

都市計画税の徴収は、普通徴収となり、固定資産税とあわせて徴収されることになります。

住宅用地の課税標準に関する特例

住宅の敷地に供されている土地については、税負担を軽減していく必要性があることから、課税標準の特例の規定が設けられています。

  1. 住宅用地の200平方メートル以下の部分(小規模住宅用地)

    住宅用地の価格の3分の1が、課税標準となります。

  2. 住宅用地の200平方メートル超の部分

    住宅用地の価格の3分の2が、課税標準となります。

テキストを読み終えた後は、穴埋め問題を解きましょう。

また、穴埋め問題を解き終えた後は、一問一答を解きましょう。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ