時効一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

宅建販売教材

時効【問題と解説】

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 時効利益の放棄後の援用

債務者が、いったん時効の利益を放棄したとしても、時効の利益を放棄した時点から再び時効は進行することになるので、再度時効が完成すれば、債務者は、時効を援用することができる。

【解答・解説】 

時効の援用権者は、時効の利益を放棄すると、時効を援用することができません。

ただし、時効の利益を放棄した時点から、再び時効の進行が始まることとなり、時効が完成した場合、時効を援用することができるようになります。

よって、が正解になります。

問題2 消滅時効の中断

Aは、BのCに対する金銭債務を担保するため、A所有の土地に抵当権を設定し物上保証人となった。CからAに対する不動産競売の申立てがされた場合、競売開始決定の正本がBに送達された時に、この金銭債務の消滅時効の中断の効力が生じる。

【解答・解説】 

債権者から物上保証人に対する不動産競売の申立てがされた場合、競売開始決定の正本が債務者に送達された時に、被担保債権の時効は中断されます。

よって、が正解になります。

問題3 時効完成前の債務の承認

A時効が完成する前に、未成年者及び成年被後見人は、債務の承認を単独ですることができないが、被保佐人は、単独ですることができる。

【解答・解説】 

時効完成前の債務の承認は、未成年者及び成年被後見人は、単独ですることができませんが、被保佐人は、単独ですることができます。

よって、が正解になります。

問題4 支払督促の効力

債権者が、仮執行の宣言の申立てをすることができる時から30日以内にその申立てをしないときは、支払督促は、その効力を失い、時効の中断の効力が生じない。

【解答・解説】 

債権者が、仮執行の宣言の申立てをすることができる時から30日以内にその申立てをしないときは、支払督促は、その効力を失い、時効の中断の効力が生じません。

よって、が正解になります。

問題5 時効利益の放棄

時効完成後に、被保佐人が、保佐人の同意を得ないで時効利益の放棄をしたとしても、その放棄を取り消すことはできない。

【解答・解説】 

被保佐人が単独で時効利益の放棄をした場合は、その放棄を取り消すことができます。

よって、×が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材