業務上の規制テキスト

11/10までにご購入頂いた皆様へ

この度は、2020年度版フルセット教材をご購入いただき、誠にありがとうございます。

本日(11/11)から、ご注文頂いた順番により、教材を発送させて頂いております。

なお、予想を超えるご注文を承っておりますので、多少お時間を要すること、予めご了承ください。

令和2年宅建士試験独学合格

従業者証明書・従業者名簿

従業者証明書

  1. 宅建業者は、従業者に、その従業者であることを証する証明書を携帯させなければ、その者をその業務に従事させてはなりません
  2. 従業者は、取引の関係者の請求があったときは、従業者証明書を提示しなければなりません。

【補足】

  1. 宅建業者は、従業者証明書を従業者に交付します。そして、従業者に従業者証明書を携帯させる義務を負います。また、宅建業者は、従業者証明書を携帯していない従業者を業務に従事させてはいけません。

  2. 従業者には、社長、非常勤の役員、単に一時的に事務の補助をする者、取引士も含まれます。

  3. 取引士は、取引士証も有することになりますが、取引士証と従業者証明書は、別個のものです。

  4. 取引関係者の請求があれば、従業者は、従業者証明書を提示する必要があります。逆に、請求がなければ提示する必要はありません。

  5. 例えば、取引士が、取引関係者から従業者証明書の提示の請求があった場合、従業者証明書を提示する必要があり、従業者証明書の代わりに取引士証を提示したとしても、宅建業法に違反します

従業者名簿

1.宅建業者は、事務所ごとに、従業者名簿を備え、一定事項を記載する必要があります。

【補足】

事務所ごとに従業者名簿を備えることになるので、主たる事務所、従たる事務所ごとに備えます。一括して、主たる事務所に備えるのではありません。また、事務所以外の案内所には、備える必要はありません。

2.従業者名簿に記載すべき一定事項

  1. 従業者の氏名
  2. 従業者証明書番号
  3. 生年月日
  4. 主たる職務内容
  5. 取引士であるか否かの別
  6. その事務所の従業者となった年月日
  7. その事務所の従業者でなくなったときは、その年月日

3.従業者名簿を保存すべき期間

最終の記載をした日から10年間、従業者名簿を保存する必要があります。

4.従業者名簿の閲覧

宅建業者は、取引の関係者から請求があったときは、従業者名簿を閲覧に供さなければなりません。

【補足】

上記2に掲げる事項が、電子計算機に備えられたファイル又は磁気ディスクに記録され、必要に応じ、その事務所において電子計算機その他の機器を用いて明確に紙面に表示されるときは、その記録をもって、従業者名簿への記載に代えることができます。

この場合の閲覧は、そのファイル又は磁気ディスクに記録されている事項を紙面(プリントアウトしたもの)又は入出力装置の画面等(ディスプレイの画面等)に表示する方法で行います。

この続きは、

テキスト完成版【業務上の規制】をご利用ください。

≫教材購入者専用ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ